重要なお知らせエリアを非表示

2022/05/24 08:12

いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。

今週の定期便は、ミニスワッグなどに加工してお楽しみいただける、ドライフラワー向きのスターチスをメインにセレクトしております♪






スターチスは、ドライに出来るお花としてカスミソウに並ぶ定番人気で、お花屋さんでもよく見かけますね。

私たちフローリストは「チース」と呼んで親しんでいるのですが、このスターチスは大きく2種類に分けることができます。今回みなさまのもとにも、両方をお届けしています。

まずは、こちらのスターチス。




スターチス「ユーラベンダー」


こちらはグレイッシュなカラーのとってもオシャレな品種ですが、昔からあるものはもっと濃い紫色で、そちらは仏花に使われるイメージがありますね。


そしてもう1種類は、「HBスターチス」です。




HBスターチス「きゃめる」


「HB」ってなに?と思われることでしょう。これは「ハイブリット」の略で、その名の通り2品種以上の品種を掛け合わせて作った「交雑種」のスターチスです。


ハイブリットスターチスの代表格といえば、淡い紫色の「ブルーファンタジア」でしょうか。





普通のスターチスと見た目を比べてみると、花が小さくて葉っぱがほぼ付いておらず、茎が細くて柔らかい、といった特徴があります。お値段もちょっとお高めです。


ハイブリットスターチスは両親の良いところを掛け合わせ、欠点を補って改良されたものであるため、普通のスターチスに比べ美しく枝分かれをして花持ちがよく、四季性が強いといった良い点が多いのです。


最近はとてもたくさんの品種が出回っており、今回お届けしているハイブリットスターチスのように、絶妙なニュアンスカラーの品種は特に人気があります。


ハイブリットスターチスは、一緒にお届けしている切り花栄養剤を使ってあげると蕾も咲きやすくなります。とっても持ちの良いお花ですので、ぜひ観察しながら可憐なお花をたくさん咲かせてあげてくださいね♪


というわけで、今回お届けしたお花はこちら。






HBスターチス きゃめる(長野県 SFU近藤農園)

スターチス ユーラベンダー(和歌山県御坊市 浦園芸)

エリンジウム マグネーター(ケニア)

ゴールドスティック(茨城県結城市 JA北つくば)

アルストロメリア ミックス(愛知県田原市 JA愛知みなみ)

グレビレア アイバンホー(南アフリカ)



ちなみに、同封しているフラワーレシピにはスターチスを「リモニューム」と記載しております。スターチスの属名が現在ではリモニュームと変わっているため、正式名称でお書きしておりますが、私たちも通常はスターチスと呼ぶことが多いですので、ご安心ください。


今回は、アルストロメリア以外はドライフラワーに加工できるお花で揃えておりますので、ぜひミニスワッグを作ってみてくださいね♪

ちょっと変わったグリーンのグレビリア「アイバンホー」は、ギザギザとした葉が特徴的で、いいアクセント役を果たしてくれます。

特に、ドライフラワーとしては大活躍!


ただ意外と繊細な葉っぱで、茶色くなりやすいという特徴があります。

変色が目立つものは極力省いてお届けしておりますが、多少の変色はご容赦いただけると幸いです・・・・・。


梅雨入り目前で雨の日が多くなっていますが、ドライフラワー作りに湿度は大敵です。

束ねたお花は、直射日光の当たらない、窓際などの風通しの良いところに吊るしてあげてくださいね。


またより綺麗なスワッグに仕上げたい場合は、お花を一本ずつ離して吊るし、しっかり乾燥させてから束ねてあげると、お花や葉が潰れずに美しいスワッグに仕上がりますよ。


今週も、楽しいお花生活をお楽しみください♪



みなさまのご自宅でのコーディネート、Instagramでの投稿お待ちしております♪

#よいはな  #yoihana @yoihana_flower



そして次回の定期便は・・・・「クレマチス」をメインにお届けする予定です。

ぜひ、お楽しみに♪


by よいはなフラワーデザイナーNao