重要なお知らせエリアを非表示

2022/04/08 23:38

いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。

さて今回の特集は、宿根スイートピーです♪

 

宿根(しゅっこん)スイートピーとは

「もう4月に入ったのに、スイートピー特集?」と思われる方もいらっしゃるでしょうか。

12月から4月上旬頃にかけて、皆さんがお花屋さんで見かけるのはこういったスイートピーですね。


 切り花として流通するこのタイプのスイートピーは一年草なのですが、今回ご紹介するものは別名「サマースイートピー」とも呼ばれる、初夏に旬を迎える宿根スイートピーです。

一年草のスイートピーと比べてみると、花びらの大きさや質感が全く違いますよね。

こうして蔓(つる)や葉が付いている状態のものを見ると、スイートピーがマメ科だということを、思い出させてくれます。

 

この画像の宿根スイートピーは、宮崎県の国富町で生産されたもので、ブルーフレグランスという品種です。

宮崎県は、スイートピーの生産量日本一を誇る花大国で、その豊かな日照量のおかげで、美しく香り高いスイートピーが沢山育っています。


ブルーフレグランスは透明感のある花色が美しいだけでなく、マスカットを思わせる甘くさわやかな芳香があることで、お花屋さんの間で注目を浴びています

2018年には、フラワー・オブ・ザ・イヤーOTAの新商品奨励賞を受賞。

 

どのような花とも相性が良く、しなやかで柔らかな曲線を描くブルーフレグランスは、今までのスイートピーのイメージを打ち破ってくれますね。

ぜひご自宅でも贅沢にお楽しみいただきたい、この時期だけのおすすめのお花です。

 

また今回は、佐賀県の木下農園さんのつまみ宿根スイートピーホワイトとピンクの2種もご用意しております。

こらちはピンクです↓

透明感があって、とってもかわいいですね!


木下農園さんは、佐賀県の中南部、有明海の干拓池である白石町で年間300万本以上のスイートピーを生産されています。

その規模は全国トップクラスで、スイートピー 一筋の農家さんです。


木下農園さんは減農薬に取り組み、安心安全な花づくりを心がけていらっしゃるのが特徴。お花本来の力を引き出す努力をしながら、スイートピー作りに励んでいらっしゃいます。

 

今回は、木下農園さんのつまみスイートピーのをご用意しております。

一年草のスイートピーに比べると、肉厚でぷりっとした花びらがとても可愛らしいですね。花もちはよく、香りはほんのり微香です。

 

扱いやすいサイズですので、小ぶりな花瓶しかお持ちでない方でも気軽に飾っていただけますよ。

 

また、JA宮崎のブルーフレグランスと木下農園のスイートピーを使用したブーケやアレンジメントもご用意しております。

どれもこの時期だけの限定商品になりますので、季節を感じるフラワーギフトとして、ぜひ幅広いご用途でご利用ください!


By よいはなフラワーデザイナーNao


ーーー

<よいはな オフィシャルアカウント>

▼よいはな よくある質問FAQ