重要なお知らせエリアを非表示

2022/02/05 09:53


今年も「ミモザの日」がやってまいりました!


3月が近づくと、街のお花屋さんではミモザのスワッグやリースなどが飾られるようになりますね。太陽のように鮮やかな黄色のミモザに見とれて、思わず足を止めてしまうという方もいらっしゃるでしょう。


国際女性デーである3月8日は、イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれています。

春の訪れを告げ、イタリアの街を鮮やかに彩るミモザを、日頃の感謝の気持ちを込めて男性から女性へ贈る習慣があります。


街を歩く人々の手にはミモザが握られ、夫から妻へ、彼氏から彼女へ、息子から母へ、そして同僚や常連のお客さんに・・・・・。

イタリアの街がミモザで溢れる一日になります。






またイタリアのお隣の国、フランスのコート=ダ・ジュール地方では、ミモザは南仏に春を告げる「冬の太陽」と呼ばれ愛されています。1月中旬から黄色のフワフワした丸い花が房になって咲き始め、コバルトブルーの地中海を爽やかな香りとともに彩ります。


よいはなスタッフの私も、以前この時期に南フランスを旅したことがあるのですが、まぶしいほどに黄色く輝くミモザや、あちこちに植えられているレモンの木、そしてどこまでも広がる青い海に癒され、まるで天国にいるような気持になったのを覚えています。


日本でも近年、「ミモザの日」が浸透してきました。

「ミモザ(アカシア)」の花言葉は、「友情」「秘密の恋」「秘めた愛」など。

身近な女性への気軽なプレゼントに、そしていつも頑張っている自分へのエネルギーチャージに、ミモザはぴったりのお花です。



よいはなでは今回、数量限定でミモザの商品をご用意しております。


1本でも絵になる枝ものですから、ミモザだけでシンプルに飾りたい!という方には、ブーケなどに束ねていない、ご自宅用のミモザをご用意しております。


またミモザはドライフラワーにも最適ですから、同じくドライフラワーになるお花と組み合わせた、スワッグとしてもそのまま飾れるブーケもおすすめ。

もちろん、プレゼント用にブーケやアレンジメントもご紹介しております。


鮮やかに春を告げるミモザを、ぜひお楽しみください。




<よいはな オフィシャルアカウント>

ーーー
▼よいはな よくある質問FAQ