blog

2020/09/21 11:00


お花のつくり手を応援する企画

生産者応援の企画の第9弾は、椎名洋ラン園を訪問して参りました!椎名洋蘭園は千葉県旭市にて、4500坪の敷地で年間70万鉢の胡蝶蘭を全国に出荷しております。

胡蝶蘭栽培は、最低2年以上の歳月をかけてお客様のもとへ届けられています。 代表の椎名正剛さんがはじめたこだわりのバーク栽培や品種改良は、胡蝶蘭の花持ちを飛躍的に良くした事をはじめ、誰にでも簡単に育てられるミディ胡蝶蘭という新しいスタイルを確立してきました。

椎名洋蘭園さんで開発されたオリジナル品種は、現在ヨーロッパをはじめ、アメリカ、中国、東南アジアなどでも販売されております。

ギフトに最適な胡蝶蘭のラインナップ

敬老の日、ギフトにぴったりな胡蝶蘭をご用意しました。食卓やデスクにも飾れるサイズの胡蝶蘭です。また、オーキッドタンブラーは30日間お水をあげる必要がないため、育てるのもとても簡単です。商品のラインナップはこちら


https://www.yoihana.com/categories/2786205

オーキッドタンブラー の使い方

つくり手の顔が見える、想いが届く。

企画第1弾の芍薬(シャクヤク)、第2弾の紫陽花(アジサイ)、第3弾の向日葵(ヒマワリ)、第4弾のクルクマ、第5弾の百合(ユリ)、第6段の菊、第7段の多肉植物、第8弾のかすみ草。みなさまの応援ありがとうございました。たくさんの応援メッセージも、つくり手のみなさま、そしてよいはなスタッフの励みになっております。心より、感謝いたします。今後も1人でも多くの、お花のつくり手の想いを、みなさまにお届けできればと考えます。